暮らし

学園祭などのイベントでクレープの模擬店を開く

スポンサーリンク

  今回私はとあるイベントで「クレープの模擬店を開いてほしい」との要望があったので、 そのために、色々と準備をしたが圧倒的に情報が少なく困ることが多かったので、 この記事ではイベントで本格的にクレープの模擬店を開く方から、簡単なミニクレープを作りたい方までを 対象とした記事です。

イベントや行事でクレープの屋台を開くために必要なこと、もの

まず、クレープの模擬店を開く為に大切なものそれは! 人!! なぜ、人がいるのか… 模擬店を開くには一人ではやっていけません、ではどれぐらいの人数がいるのか 最適な人数はです! これはシフト制にして入れ替わりが必要な場合であり、もっと人数が少なくても運営は可能です 最小限の人員でしたい場合、クレープを焼く人、トッピングや巻く人、会計の3人でいいです。 プロは1人でやるところもありますが、イベントなどでしかやらない場合3人いた方が意外と楽に回せます! そして次に必要なのが 機材!! クレープを焼く機械がないとクレープなんて焼けませんからこれも必要ですね。 ちなみに、クレープ焼機器にも種類があって 電気か、ガスの二種類から選べます! どちらがいいかというと圧倒的にガスがいいです! こちらの理由は後から詳しく書きますね。 そして、最後に必要なのが 材料!! 機材や人がいても、材料がないと何もできませんからね… こちらは下に何が必要でどれぐらい必要なのか書いておきますね。 最後に… メニュー!!

スポンサーリンク

売れるメニューを考える

物を売るには顧客に如何に興味を持ってもらうかが重要です。 そのために、テンプレートなメニューとチャレンジ系のメニューや幅広い客層をつかむためのメニューを考えましょう。 テンプレなのはイチゴや、バナナなどですね。 こちらはメインとなる収入源なので定番であればあるほどいいです。 チャレンジ系は激辛クレープや一般には出ていないもの何かがいいです。 これはお客に自分の店を見てもらうための物で売れるだろう期待はしないでください。 そして最後に幅広い客層をつかむにはおかずクレープを用意しましょう!! なぜ、おかずクレープが必要なのか、それは甘いものを食べれないお客様をターゲットにするためです。 少数派をしっかりとお客にすることができれば売り上げは一気に伸びますので、ぜひおかずクレープも用意しましょう。   では、メニューの種類ですが、テンプレ系が二つと、チャレンジ系とおかずクレープを一種ずつかどちらか一つを考えましょう。 今回私が作ったメニューは、 イチゴ・バナナ・ポテサラの三種類です イチゴとバナナにはチョコソースをトッピング可能にし、イチゴ&バナナチョコクレープの全部乗せクレープの 計6種類を作りました。 クレープはトッピングでメニューを増やせるのでメニューを華やかにすることが出来るので トッピングも好みで考えてみましょう! 最後に一つ注意事項があります! メニューの数を増やすのはいいのですが、増えれば増えるほど材料費や、場所が必要になることだけを考えましょう。

クレープを作るために必要な材料

今回の下記の材料は100人分で分量など書いています。 メニューは、イチゴ・バナナ・ポテサラの三種類と イチゴとバナナにはチョコソースをトッピング可能にし、イチゴ&バナナチョコクレープの全部乗せクレープの 計6種類です。 以下のメニューに使う材料も下記に記載します。

  • クレープミックス4kg
  • 卵 24個
  • 水 4.4L
  • 油orバター 800cc
  • クレープ包装紙 100枚
  • 冷凍ホイップクリーム 1kgを4本(多めに入れる場合5本あってもよい)
  • 冷凍イチゴ (一人当たり多くて2粒として)200粒
  • バナナ (一房4本とする)7房
  • チョコソース600g

スポンサーリンク

材料の詳細やオススメ

  • クレープミックス...こちらはホットケーキミックスで代用せずに、業務用のものを購入しましょう。味も違いますし、クレープの焼きやすさが変わってきますので絶対にクレープミックスを購入しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

達人厨房 クレープミックス 1kg 【業務用】 価格:788円(税込、送料別) (2017/11/6時点)

    • 水・卵...こちらは可能な限り安いものを購入しましょう。

    • 油orバター...美味しいクレープにしたい場合はバターを使用しましょう。油でもおいしいのですがバターの方が風味が出ておいしくなります。しかし、材料費が高くなりますしバターを溶かす時間が必要になります。 お勧めは油の方が使いやすいです

  • クレープ包装紙...こちらは巻かなくてもよい包装紙を使いましょう。意外と包装紙を巻くのも難しいのとお客が多いときいちいち巻いていると捌ける人数が減ってしまうからです。
  • 冷凍ホイップクリーム...ホイップクリームは衛生面で問題となることが多いので既製品を買いましょう。下記のクリームは味が良くて食べやすいのでおススメです。

  • イチゴ...こちらは冷凍イチゴを使いましょう。その方が安く保存場所に困りません。冷凍イチゴはカット済みかそうでないかに気を付けましょう。カット済みは便利なんですが一つ一つが小さいのでお客によっては敬遠される方もいます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冷凍イチゴ カット 500g 価格:597円(税込、送料別) (2017/11/6時点)

      • チョコソース...これが味、コスパともに最高です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレートシロップ 価格:645円(税込、送料別) (2017/11/6時点)

色々とオススメの商品を紹介してきましたが、コストコや業務スーパーなどで比較しながら材料費を安くするのもいいと思います。

機材について

まず必要なのはクレープを焼く機械です。 クレープメーカーにも二種類あり、電気かガスかの二種類です。 では、それぞれの特徴を見てみましょう。 ガスの特徴について書いていきます。

  • 火力の調節できる幅が大きい
  • 一時間に焼ける数が電気のクレープメーカーよりも多い
  • 鉄板を温めるのにかかる時間が短い

電気の特徴について

  • ガス無しなのでコストがかかりにくい
  • 温度を安定させやすい
  • 事故のリスクが減る

それぞれ長所がありますが、私のオススメはガスです。 なぜなら、ガスで焼くとお客の数が増えるからです。 お客は商品の見た目が良い方を好みますがそれは品だけの見た目を言うのではなく。 使っている機材やお店の清潔さなどの要素を含めて商品の見た目になります。 それにクレープを安く売るには、薄利で大量に売る必要があります。 それには数を多く焼けるガスの方が向いているというわけです。 しかし、プロパンガスをレンタルする必要があるので手間などはかなりかかるんですが… もちろん、電気には電気の良さがあるのでじぶんにあったものを探しましょう。

スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト

関連記事

  1. アメリカそれで大丈夫?~親族を政府機関の職に採用?~
  2. 災害発生時に役立つオススメアプリ!
  3. 男も”紫外線から肌を守る”時代へ ~デキる男の紫外線対策~
  4. まるで宇宙を切り取ったよう!よもぎさんの作る幻想的なアクセサリー…
  5. 沖縄のサンゴが危ない?~石西サンゴ 白化~
  6. 悩み解決!〜袖が落ちない方法〜
  7. シャボン玉の中に小さな世界を閉じ込めたアクセサリー!?
  8. http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/p2ee9705443b9a48e905cd74d24f6cf1c 悩み解決!〜壁にあいた画びょうの穴を塞ぐ方法〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク

PAGE TOP