暮らし

ジェルネイルで大活躍!~消毒液~

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%E6%B6%88%E6%AF%92%E7%94%A8%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%88%B1%E9%98%AA%E7%A5%9E%E8%96%AC%E6%96%B9P1020629.jpg

ジェルネイルで大活躍!~消毒液~

消毒液と言っても種類が複数ありますよね何をどう使っていいかわからない・・・

そんなあなたの為に、ジェルネイルで使える消毒液についてまとめてみました。

ジェルネイルに使える消毒液

ジェルネイルをする時に消毒に使うのは「消毒用エタノール」
ジェルを拭きとる時に使うのは「無水エタノール」

この二つの違いは水分が含まれるか含まれないかの違いだけです!

しかし、ジェルを拭き取る際に消毒用エタノールだと曇る場合があるので水分一つでたいへんですね・・

因みに、私は消毒用エタノールで両方こなしていますが今まで曇ったことがございません

ジェルのメーカーさんによって違うみたいですね

初めに消毒用エタノールを買って曇った場合は無水エタノールを買うのがいいとおもいます!

又は無水を買って水で薄めて消毒用エタノールとして使うのもありですね!

消毒液の使い道

  • 爪の消毒
  • ジェルクリーナーとしての代用
  • 筆の洗浄
  • 筆おろし
  • 傷口の消毒

などネイルをする上で色々な場面で重宝します!

筆は水で洗えないので私はいつも消毒用エタノールを使っています!

ジェルクリーナーと消毒液の違い

ジェルクリーナーにはアセトンという成分が少量入っており、それによって消毒液より艶が出たりします。

また、ジェルによっては専用のジェルクリーナーでないとうまく艶が出ないこともあるそうです。

しかし、皆さんアセトンと聞いて何それとなったのではないでしょうか?

次はアセトンについて少し触れてみようと思います。

アセトンについて

アセトンとは、主に工業で有機溶媒として良く用いられる物質であり、揮発性が高く、常温で気体となり

さらに加熱されると分解し、有害なガス(一酸化炭素、二酸化炭素)を発生させます。

有機溶媒の中では比較的毒性は低いようですが、使用中に換気不十分などによりいくつかの健康被害が報告されています。

一般市民が趣味で使う時でも換気を行った方が良いようです。

因みにアセトンが多く使われているネイル用品はリムーバーで、

アセトンが心配な方は、無印などでもノンアセトンリムーバーという製品もありますので是非ご覧になってみてください。

あわせて読んで頂きたい記事

ネイル工房 オールインワンジェルを使いこなそう!

ネイルデポ メルティークリアジェルレビュー

あとがき

専用の物を買うのが一番安心出来ますが、やはり消耗品でそれなりにいいお値段・・・

消毒液を試してからでも遅くないのではないでしょうか?

是非皆さんも消毒液を使って楽しいネイル生活を送ってください!

では別の記事でまたお会いしましょう。

 

関連記事

  1. 春にぴったり?スノードームアクセサリー
  2. 粘土で作った海鮮丼がTwitterで話題に!
  3. 悩み解決!〜袖が落ちない方法〜
  4. http://jikyuujisoku.seesaa.net/article/109989330.html ムダ毛が気にならない〜豆乳ローションの作り方〜
  5. http://webronza.asahi.com/national/articles/2015081300010.html 今すぐ始められるTwitterのフォロワーの増やし方
  6. 見るものを魅了するよもぎさんの作品
  7. http://appllio.com/how-to-use-line-pay-card 超お得!~LINE PAY~
  8. Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)LINEスタンプ第二弾発…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク

PAGE TOP